りんごのジュレについて

こんにちは
先月から販売しているメイポールのジュレ。
昨年のリクエストに応じて作ったものですが
ジャムとも違うこのジュレって何?と思う方も多いので
ちょっと書いてみたいと思いました。

私のお菓子仲間の中でジャム屋をやっていたジャム爺がいました。
(もうお会いして10年以上?今どうしていらっしゃるだろう・・・)
1滴1滴落として煮詰めたりんご蜜という商品があり
作り方を聞いて興味を持ちました。

でもおいしい紅玉を煮ちゃうなんて。。
汁だけ使うなんてもったいない! それが初めの印象でした。

その後 海外の料理番組から動画サイトまで作り方が出ていることを知って
このジュレに適したりんごが他にもある!
そう思ったときに使っていたグラニースミス ブラムリーの青りんご
そしてメイポールを知りました。

ルビー色に光って見えてとてもきれいで自分で作りたいなと思った昨年、
農園の方が収穫した分でよければと送って下さいました。

でも、その後が大変。レシピはとってもアバウトなうえ
固まり具合を見極めるのはとても大変でした。
りんごの持つ水分もそれぞれ 年によっても違う。
濾過した液に対して砂糖を加えるといってもかれこれ1時間、
でもグラニュー糖からてんさい糖に変えて果糖だとどうだろうとか
色々な疑問があり今年は同じ量で何度かに分けて作りました。



写真は今年収穫されたもので作ったジュレたち。
真ん中が販売中のメイポール、てんさい糖を使って
ブラムリーと紅玉はお菓子に使う際に残る芯と皮を果糖を使って煮詰めました。

それでも色が微妙に違うのがわかりますか?

芯と皮で作った時は4時間ほどで濾過が終わりますが
果肉が一緒だと一晩 ビニールをかぶせて置いておき翌日煮詰めて作ります。

自然の持つペクチンは他のジャムを煮るときにも加えてあげることができるので
この時期に作って置いて保存しておきます。
たとえばサワーチェリーなど酸味の強いものを合わせてあげたり
桜の花やローズジャム スパイスや紅茶のジャム
野菜ジャムのベースにも使うことができます。

蜂蜜のように使ったり、クラッカーにスライスチーズと一緒に乗せていただいたり
豚肉との相性はとても良いようです。
是非皆様の使い方、召し上がり方も教えて下さいね。

その年によってりんごも変わります。
旬の味 是非頂いてみて下さいね。

またこの後届くりんごでも試せたら 続きを書きたいと思います。

メイポールは在庫限りで終了です。
http://shop.laorange-jp.com/?pid=81727547

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加
0

    コメント
    コメントする








       
    | /PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
     

    search this site.

    New Entry

    Categories

    SNS

    携帯で読む

         
    直接URLを入力する
    http:/blog.laorange-jp.com

    下記のバーコードを読み取る
    qrcode

    others

    Profile

    カラーミーショップ大賞2015 10年賞を頂きました

    クリック募金

    クリックで救える命がある。