洋梨と珍しいりんご色々

こんにちは
秋を通り越して寒い冬のような日があったり温かい日があったり
着る服に迷うそんな11月いかがお過ごしですか?

早いもので今年もあと1か月半。。
クリスマスの特注のご相談も増えてきましたが
今年はすでに苺が出回り始めて値を下げ始めていて
12月がちょっと不安に感じるこの頃です。

洋梨はカット販売でもリクエストを頂いていたので
今月リンゴと一緒に入荷したのでお知らせです。
今日はちょっと長くなりますが・・・ 読んでいただけたら嬉しいです!


品種はゼネラルレクラークという 写真のようなちょっと大きめの洋梨。
そのままでも滴り落ちる果汁ととろける果肉がおいしい品種。
でも洋梨は日持ちしないのでコンポートにして保存してタルトになります。
ですが コンポートにもできない完熟したものが少しあったので
それを贅沢にジャムに加工しました。

ゼネラルレクラークのジャム
ここをクリックするとリンク先でご注文できます


リクエストも頂いていたので残りわずかですが
単調な味にアクセントとして蓋をあけたときにバニラの香りを忍ばせました。
バニラ棒の状態ですので紅茶や牛乳に入れて温めるといい香りがしますよ。

そして次にりんごたち。
写真の通り珍しい品種がそろいました。

今年で3年目の「紅の夢」 いつものサンファームさんからいただいたのですが
そのつながりで 今年「はつ恋ぐりん」という品種が青森でできたと連絡を受け
いっちゃん林檎農園の田中さんに問い合わせをして送っていただきました。
この農園の地域は丸かじり条例があり、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最低限の防除はするけれど、自分の子供がりんご園で、りんごをもいで、
キュキュっとふいて、そのまま食べられるそんなりんご作りをしている地域
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と伺っていたのでお取り寄せしてみました。
グラニースミスを親に持つのでクッキングアップルとしても今後期待されています。
綺麗な緑にかわいいラベルなんですよ!

そして他には長野で生まれた「なかののきらめき」という林檎

りんご研究会で名前を聞いて見本は試食していたのですが
現在、銀座NAGANOのショップで販売中でしたので用事ついでに立ち寄り購入してきました。

上を見る限り素敵な白っぽい色をしているのにカットすると赤い果肉なんです
全体に入っていてきれいな色をしています。
このあたりは紅の夢と同じかなって思うのですが
私的にはメイポールなどのジュレを作るときの香りが少し感じられて
ちょっとこれもそのままシャキシャキ食べるのではなく何かにしてみたいと
今回この3種を食べ比べできたらと 少しのてんさい糖を加えて煮てみました。
カットの大きさもできるだけそろえて 果肉に対して計量した砂糖と
皮は水で煮てペクチンを出して加えて煮てみました。

並べてみるとこんな感じ。
紅の夢は煮溶けて程よい酸味もあります。
なかののきらめきは香りも食感も残りあまりに溶けていません。
はつ恋グリンは 青りんごの酸味と甘さのバランスがたまりません(*^。^*)


せっかくなので並べてみたけどわかりにくいかな〜

早い者勝ちになってしまいますが そのままはもちろん
パン、ハード系のチーズにのせて
冷凍パイ生地に包んで焼いたり
アイスクリームに添えたり
紅茶に入れていただいたり

皆様のお好みで色々使ってくださいませ。
来年またお取り寄せの参考にしたいのでお気に入りを教えて下さいね。

私は、、どれも捨てがたく
はつ恋ぐりん ってネーミングもちょっとお気に入り
まだまだ始まったばかりの品種なので応援したいと思っています。

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加
0

    コメント
    コメントする








       
    | /PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
     

    search this site.

    New Entry

    Categories

    SNS

    携帯で読む

         
    直接URLを入力する
    http:/blog.laorange-jp.com

    下記のバーコードを読み取る
    qrcode

    others

    Profile

    カラーミーショップ大賞2015 10年賞を頂きました

    クリック募金

    クリックで救える命がある。