ジュレを長期保存してみたら?

こんにちは
12月に入っても暖かい日が続いていました。
シュトレンは常温発酵で作るためあまり暖かいとちょっと作るの困るなぁ
なんて思っていたら寒くなりました
でもこれがいつもの12月って思わなくちゃ!なんですよね。
暖冬になると言われていますがこれから2月までどうなのかな?
天気予報が気になります。

今日は賞味期限を過ぎても食べられる?とジュレの検証をしたので
ブログに残しておきたくて更新です。

その機会をずっと待っていたんですが
ブラムリーファンクラブのKさんが今年、
本場イギリスのブラムリーフェスティバルへ参加されました。
そして先日を報告会を開いてくださいましたので
その場にメイポールのジュレを持参して皆様にご意見を伺いました。

その時の写真。


もうこのジュレを作り始めて何年目でしょうか。
この色に魅せられて大変だけれど毎年楽しみにしてくださる
お客様が浮かび作っています。

りんごの栄養をギュって閉じ込めたような
あの何とも言えない自然のペクチンで固まるジュレは
とても神秘的なものにも感じているのかもしれません。

この商品は砂糖を入れしっかり煮詰めて作るので
以前どなたかが数年寝かせていますなんていうのを耳にしてから
数年経ったらどうなるのかな 味の変化は?食感は?
なんて疑問もあって賞味期限の検証のために置いておく1本を
食品庫の奥にしまっておき開封してみました。

2015年から今年までの3本を開けてみると
固さ、色も全く違い 固さは2015年のものがゆるく
古くなると色も濃くなって全体的にはちみつのような
一体感が生まれジュレとは別のもののようにさえ思いました。

そして2018年のものをいただくと香りもあり色もとてもきれいで
フレッシュな感じはもう作ったこの時期にしか味わえない味
そうこれが私がおいしいと思える賞味期限って確信に変わりました。

ジャムは長期保存ができると言われるけれど
私が作るお菓子は賞味期限が短いと言われるけれど
でも

余計なものを一切入れず 
そのものの味
旬を味わってもらいたい

そう思っている私にはとても嬉しい結果になりました。

今12月のシュトレンを焼いています。
私が焼くシュトレンには林檎が入っていますが
国産のドライフルーツは味に物足りなさを感じるため
りんごを乾燥させてミンスを作っています。
なので今焼くとちょうど25日が賞味期限。

これは短い?長い? また人それぞれですが
クリスマスごろまでにはお召し上がりいただけたらって思います。
そして皆さんのおいしいを見つけていただけたら嬉しいです。

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加
0

    12月のご予約について

    みなさまこんにちは
    11月25日のカット販売を終えるともう12月。
    街のイルミネーションもクリスマス一色になり
    かかっている音楽もこのまま年末に突入って感じで
    なんだかあわただしいような気がします。

    でもシャツにコートで出かけられる11月の陽気
    下旬のフルーツがとても心配でなりません。

    本日よりネット上にクリスマスケーキのご案内を出しました。
    毎年この時期にぷっくり雪だるまを楽しみにしていますと
    お声掛けいただいてとてもうれしいです。

    旬のフルーツキウイといちごや洋なし 桃などのコンポートを
    動物性の生クリームで作ります。
    ホイップクリームでとても軽いものも多く出ていますが
    それに負けないカルピスのクリームをぜひご賞味くださいね。

    通販の場合はスポンジとクッキーのセットのほかに
    間にクリームとフルーツをサンドしたキットもお作りします。
    届いたらクリームを絞ってデコレーション なので手軽に
    オリジナルデコレーションを楽しめますのでぜひご相談下さいね。
    (こちらは台数に限りがありますので先着順にてお受けします)
    http://shop.laorange-jp.com/?pid=137553276

    クリスマスケーキ一覧はこちら
    http://shop.laorange-jp.com/?mode=cate&cbid=45860&csid=0

    また後日シュトレンの発送開始とともにご案内を更新しますね。
    ご予約 ご注文をお待ちしております。


     
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    0

      カット販売のお知らせ 11月

      こんにちは
      今月はイベントのクッキーやケーキなどのご依頼をいただき
      お仕事させていただいておりました。

      そうこうしているうちに2018年ももう少しで終わりが!!
      今年は家族のことを優先していたため毎日のように外出する用事がある忙しい日々。
      そんな中でもお菓子を作ること元気の素になっていました。
      農家のかたもお電話を下さり おいしい果物を送っていただき
      数年ぶりに届いた栗は渋皮煮も作りました。

      ネットショップもとても多くなり
      小さな個人は埋もれてしまいがちですが
      これからも続けて行かれたらって思っています。

      さて11月のカット販売ですが
      秋田県の西明寺栗をお取り寄せした栗のお菓子が登場します。
      生栗を渋皮煮にしますがその際重曹を使わずに甜菜糖で煮たもの
      蒸して裏ごしして作った餡と一緒に栗そのものを味わう
      素朴な焼き菓子が久しぶりに登場しますよ。

      見た目は栗まんじゅう?って言われるかもしれませんが
      栗が詰まったお菓子は食べごたえがあります。

      そして今月のりんごは「紅の夢」
      タルトタタンを作ります。
      りんごのタルトにする場合は果肉が赤く見栄えがとてもきれいに仕上がりますが
      たっぷりこの味を味わってほしいと思ってます。
      他にパイナップルケーキと同じ生地で包んだりんごのケーキも少し。

      そしてレクラークの洋ナシのコンポートをたっぷりのせて焼いたタルト。

      秋にピッタリな焼き菓子を中心にお待ちしております。

      12月のご相談も頂いておりクリスマスに特別なケーキをご希望の方は
      当日ご相談もOKですのでご来店お待ちしております。



       
       このエントリーをはてなブックマークに追加
      0

        カット販売のお知らせ 10月

        こんにちは
        いつも気にかけていただき またご覧いただきありがとうございます。

        10月だというのにまだ半袖をしまえずに
        衣替えも中途半端なまま月末になってしまいました。

        病院に通いつつも食べたいものは何?と
        食事制限はないので差し入れを持って出かけては
        季節のおいしい会話を楽しんでおります。

        そんな月末はりんごのケーキをいくつかお出しできるよう準備中です。
        1つはフランス伝統菓子研究家の三久保さんから教わったタルトタタン。
        食材は私が選んでいますが林檎の味が濃縮した1品です。

        それとパイはちょっと苦手という型へ
        私のオリジナルタタンとケーキのおいしいとこどりの焼きりんごのケーキ

        その年によって林檎の状態が違うので
        通販では翌日には少し水分(蜜)が出てしまうこともありますが
        これだけの林檎を使って作るお菓子はとても贅沢だと思います。

        他に10月31日は「ハロウィン」日本も9月からもう飾りつけや
        雑貨が並び 仮装イベントも開催されるほど大きくなりましたね。

        私が川崎駅を使っていた頃 アゼリアで着替えている人
        化粧をしている人はまだまだ珍しかったのに・・なんて思うこのごろですが
        かぼちゃのタルトとハロウィンにちなんだクッキーもお出しします。

        正式なメニューは後日@LINEとこちらにアップします。
        お取り置きも致しますのでお問い合わせはお気軽に。

        追記
        タルトタタン 
        りんごのタルト
        かぼちゃのタルト
        ハロウィンクッキー
        シフォンケーキ

        と洋ナシのタルトを1台焼きます。

         
         このエントリーをはてなブックマークに追加
        0

          りんごの季節です

          10月初めの3連休
          毎年この時期はかっぱ橋道具まつりと女神祭りが私の定番
          みなさんはどんなイベントにお出かけしていますか?

          先日はカット販売にていちじくロールをご紹介しましたら
          とっても好評をいただき嬉しかったです。
          無花果はミネラルが豊富な果物で女性には特に食べてほしいなと
          焼きこんだタルトも並びました。

          後日 遅れましたが長野の藤岡有機農園さんから紅玉が到着。
          今年は不作と言っていましたが無事にあえてほっとしつつ
          藤岡さんの林檎に元気をいただいています。
          もう20年になるのかな〜 1つ1つおいしくいただきたいと思います。

          昔 パイレックスのガラスのお鍋に林檎のスライスと砂糖を入れて
          弱火でコトコト煮たものがこの時期の必ずありました。
          トーストに乗せて ヨーグルトと一緒に
          あっという間になくなるけれど冷凍パイ生地を買ってきて
          焼いてのせていただくシンプルなものが好きです。

          最近は皮をむくのが面倒なんていう人もいますが
          当店で取り寄せているりんごは皮も食べられます
          だから安心してジャムやペクチンジュレを作ってます。

          ぜひこの時期の味 をご賞味くださいませ。
          メイポールのジュレとジャムは3種
          いちじくのジャムもございます。




           
           このエントリーをはてなブックマークに追加
          0

            | 1/109PAGES | >>
            | /PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>
             

            search this site.

            New Entry

            Categories

            SNS

            携帯で読む

                 
            直接URLを入力する
            http:/blog.laorange-jp.com

            下記のバーコードを読み取る
            qrcode

            others

            Profile

            カラーミーショップ大賞2015 10年賞を頂きました

            クリック募金

            クリックで救える命がある。